オンライン英会話

MENU

オンライン英会話の講師の質

オンライン英会話の場合、多くの講師がネイティブ英語の人ではなくフィリピン系の講師が多くなっています。その理由は、費用の安さと日本と時差が少なく授業を行いやすいといった点にあるようです。

 

 

そこで、「フィリピン講師で大丈夫?」と思う人もいると思いますが、フィリピンの公用語は英語になっているため、ちゃんと英語を話す事ができる講師になっています。多少のフィリピンなまりがあるとも言われていますが、初心者が英会話を学ぶぐらいでは、気になるような事はないようです。

 

そんなことより、オンライン英会話の講師の場合、講師によって質の違いが大きいと言われています。丁寧かつ、親切に教えてくれる講師から、時間だけこなせばいいといった感じの講師までいるようで、オンライン英会話が悪いというわけではなく、自分に合った講師を見つける事が、より良い英会話を学びたい人には必要になってくる作業になってきます。

 

一度、良いと思った講師がわかれば、その講師を指定して予約すれば良いので、それほど大変な事ではありません。オンライン英会話の場合、講師がフィリピン人という事より、いかに熱心な講師を見つける事ができるかが重要になってくるようです。

 

英語っぽい発音にならないとお悩みの方へ

英会話教室に通っても、教室では恥ずかしくてあまり発話できない、、という悩みをよく聞きます。授業料を払っているのに勿体ないですよね。自信がない大きな理由の一つに「発音がきれいじゃない」「英語っぽい発音にならない」というのがありますね。

 

日本語を聞き取る脳が発達してから英語の音を聞き取り、真似るのは、本当に大変です。脳には臨界期というものがあると言われます。英語の音を聞き取る力は3歳ごろがピークで、あとはだんだんと減少していくそうです。

 

小学生になってから英会話を始めると、聞いた音をカタカナ変換して自分の理解できる音にしてから納得しようとすることがよくあります。英語の音を聞いたまま真似て発音するのが、難しくなるのです。できるだけ幼少期に英語の音をたくさん聞くと良いのですが、では成長してからでは無理なのかというと、そんな事はありません。

 

幼少期の様に「自然に」「なんとなく」できるわけではありませんが、意識して英会話を聞き、意識して真似る事を何度もやると、英語らしい発音で話せるようになります。

 

意識するポイントは、日本語にはない音の聞き取りです。フォニックスは大きな助けになります。アルファベットと音の関係を学ぶのがフォニックスです。アルファベット一つ一つの発音をきれいにすることが大切です。
スマホで出来るオンライン英会話